業界研究:エイベックス Ultrajapanから



こんにちは。
出版太郎です。

本日は、エイベックスさんについてです。
本ブログは、出版社の就職活動ブログのため、
エイベックスという会社の立ち位置でいうと、
「念のため、受験しておこう!!」
だったり、
PPAPや安室奈美恵、おそ松さん、浜崎あゆみは、好きだけど、
「ちょっと社風が違うかな」とといった読者の方が多いと思います。

もちろん、それでも良いのですが、
エイベックスさんは、CDの売れない時代に増収増益の珍しい会社です。

a-nationを仕掛けたり、
サブスクリプション系サービスの
dtvや、AWAといった新ビジネスを始めたり、
音楽業界の衰退は、出版業界の10年早いと言われている中で、
業界を打開しようという打ち手が多い企業です。

エイベックスさんから学ぶことが多いので、
是非、参考にしてみてください。

前置きが長くなりましたが、今回は、Ultrajapanのレポートを元に、
エイベックスについて語りたい思います。

この3連休で、Ultrajapan2018が開催されました。
平成最後のUltrajapanとなります!!

もちろん出版太郎も行ってきました!!!

先日のブログに書かせていただきましたが、
Ultarajapanは、パリピの集まりだったり、
ちょっと怖いという印象を抱く方も、
出版社の就職活動をメインにしている人は多いと思います。

ULTRA JAPAN マスコミ就活の視点から

確かに、その部分もあるのですが…
私も行ってきまして、
そんなことは、おかまいなく、
めちゃくちゃぶち上がりました!!

先日、サマソニ、フェスに行くときは、ブース出店からを目をそらすなという
話をしましたが、Ultrajapanには、Ultraらしく、
tiktokが協賛をしたりしていました。

http://shuppan-syukatsu2020-blog.jp/2018/08/27/summersoni/

もちろんですが、イベントによって客層が違うので、
それによって、協賛する企業も違います。

イベントから、どのような企業が、どのようなターゲット層に絞り、
訴求をしたいのか分析するのも大事だと思います。

ちなみに、イベントの方ですが、
Jonas blueでぶち上がり、
axwell最大限、フル回転で盛り上がりました!!

クラブ音楽なんて私には関係ない…
と思わず思ってしまう読者さんも多いと思いますが、
実は、海外だと観光地には、必ずと行って良いほど、
EDMを楽しめるクラブがあります。

これから、東京オリンピックが開催され、
尚且つ、グローバル化が進むとなると、
海外に合わせて、EDMという文化は大切な文化となります。

下記、書籍は、本当におすすめで、エイベックスの元社長の本で、
エイベックスがどのような意思によって成り立っているのか、
わかる本です。


破壊者 ハカイモノ

この書籍でも、EDMで先を行っているのは、エイベックスだけで、
そのノウハウを元に、海外の人に、エンターテインメントを届けたいといった、
ことを熱く書いています。

EDMというと、食わず嫌いをする人も多いと思いますが、
これからのエンタテインメントを語る上で、必ず必要なものになりますので、
一度は、生で聞いて欲しいものです。

最後に、ちなみにですが、一番、ぶち上がったのは、
tomtausというDJで、最初は、5人ほどしかいなかったのに、
音楽が良くて40人程が、小さいブースに集まっていました。

このようなマイナーDJに出会ったりできるのも、
現場に足を運ぶ魅力のひとつかもしれません。

【参考サービス】

エイベックスは、dtvチャンネルも運営しています。
エイベックス志望の人は、
下記の使用感など語れると良いと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA