モンスターハウスが抉り出す、みんなの心のモンスター

こんにちは。
出版太郎です。

本日は、水曜日のダウンタウンで超話題の問題作、
モンスターハウスについてです。

おそらく、今、ツイッターで一番話題のバラエティ番組で、
特にテレビ志望、エンタメ志望の人は絶対に抑えてほしいコンテンツです。

ほんの一例ですが、記事では、下記のように取り上げられています。

参考記事:「水曜日のダウンタウン」クロちゃん参加のシェアハウス、大胆キス・二股発覚…衝撃展開にネットざわつく<モンスターハウス>
https://mdpr.jp/news/detail/1802115

参考記事:クロちゃん、ゲス行動連発で本領発揮!視聴者から「衝撃映像」と辛らつコメント殺到
https://news.mynavi.jp/article/20181101-717303/

そもそもモンスターハウスとは、ですが、
一言で言うと、テラスハウスのパロディです。

モンスターハウスにもテラスハウスにも
共通していることとしては、
夢を追う男女6人の共同生活を通して、
友情・恋愛・夢・葛藤など、
若者のリアルを描く、リアリティ番組というところです。

基本的には番組の作りもほとんど同じなのですが、
一つ大きく違うところとしては、
住人にお笑い芸人のクロちゃんがいるということです。

なぜ、クロちゃんなのかというと、
水曜日のダウンタウンでは、
クロちゃんのドッキリ企画が人気の定番企画となっていました。

ツイッターで嘘ばっかりついているのを検証されたり、
目隠しで色々なところに連れていかれたりしていました。

その時のクロちゃんの葛藤や、内面がとにかくリアルで、
リアクションの域を超えていて面白く、
ドキュメンタリーでこそ、持ち味が出るということで、
今回の企画が生まれたのだと思います。

そのため、モンスターハウスは、
クロちゃんを交えた共同生活を通して見る、
リアリティ番組となります。

バラエティの新ジャンルを確立したモンスターハウス

モンスターハウスの面白いところは、
手を叩いて爆笑するバラエティとは、
違うところです。

とはいえ、もちろんですが、
テラスハウスのように、
若者の葛藤や夢から、
心が熱くなるような番組でもありません。

あいのりのように、
若者の恋模様を追い、
一喜一憂する番組でもありません。

モンスターハウスは、
今までのバラエティのように、
笑って、声を出して、ストレス解消とは訳が違います。

むしろ、読後感が悪く、気持ち悪いとさえ思ってしまいます。

例えば、クロちゃんは、莉音ちゃんというグラビアアイドルの人と話した時に、
「好きなのは莉音だけ」と言い、
その数分後に、同じ同居人の蘭ちゃんに
「好きなのは蘭ちゃんだけ」と平気言い放ちます。

しかもカメラが回っているのに。

また、クロちゃんは、奇跡的に、飲んだ勢いで、
蘭ちゃんとキスをします。

キスだけでもびっくりですが、
驚くのはここからで、
蘭ちゃんが去った後に、
蘭ちゃんが飲んでいたグラスを、
恐ろしいくらい舐め回します。

さらに、ソファーに残っていた
蘭ちゃんの衣服を顔に覆い、力強く吸引します。

そして、飲み干した蘭ちゃんのグラスに、
自分の飲み残したお酒を移し替え、再度飲みます。

視聴者からは、悲鳴や、キャーの声が上がります。

けれども、なぜか見てしまいます。

なぜ、見てしまうのでしょうか。

おそらく、どんな衝撃番組を集めた番組よりも、
どんな人物を描いたドキュメンタリーよりも、
人間のやばい部分がありのままに描かれているからだと思います。

やはり、本当に度肝を抜かれるのは、
本当にやばいやつに会った時なんだと思います。

おそらく、これほどまでに、
人間の恐ろしい部分をリアルで描かれたことがなく、
この恐怖心や、キモさが癖になるのだと思います。

これほど、消化不良を抱えつつ、
さらに、絶叫を誘発し、
けれどもクセになる番組は今までになく、
新感覚ホラーバラエティだと考えています。

②視聴者の心に存在するモンスター

結論から言うと、番組の設定、作り方は、
ほとんどテラスハウスです。

テラスハウスの出演者達は美男美女で、
ちょっと強引な恋愛もするし、
決めセリフもかまします。

そして、モンスターハウスの場合、男性陣の中では、
断トツで、クロちゃんが誰よりもアグレッシブで、
誰よりも女性に気を使います。

例えば、プレゼントをあげたり、
頭をポンポンとしたりします。

そして、クロちゃんが、
「なんかあったら守るからね」なんて言うと
周りは、大絶叫です。

きっと、テラスハウスだったら、
「イケてる!!」とか、「自分もこうされたい」となるのに、
少し、気の毒です。

たった、一人、クロちゃんがテラスハウスのような世界に入るだけで、
異物となり、真剣に見れなくなってしまいます。

「人は顔じゃない」というのは綺麗事だと言うことを痛感させられます。

視聴者はやっぱり、美男美女を見たいという、
欲求を無意識に抱えているのだと
モンスターハウスを通して実感させられます。

③純粋過ぎるクロちゃん

クロちゃんは、とにかく純粋です。

例えば、同時に二人の女性を狙ったり、
別の男性の評価を下げたりします。

どこが純粋なんだと思うと思いますが、
自分の中に天使と悪魔がいて、
本当に踏み外してしまった時に、
犯してしまう過ちを次から次へと行ってしまいます。

完璧に理性を捨てて、
自分の満足度を最大限にする場合には、
上記のような行為をしてしまうのだと思います。

クロちゃんは、自分の欲求のみに純粋なのだと思います。

④出演者は売名なのか

結論から言うと、分かりません。

ただ、莉音ちゃんは、何度もデートをしてしまうし、
蘭ちゃんはキスをします。

普通に考えて、それは、あり得ず、
これは、どう考えても、ヤラセで、売名だと思ってしまいます。

だって、クロちゃんと接する機会があれば、
テレビにも出れるし、ネットニュースにも取り上げられます。

多少、口が臭くても我慢できるのかなと思ってしまいます。

しかし、その一方で、本当だった時に受け入れらない自分がいます。
心の奥底で、リアルだったらどうしようと思ってしまうのです。

ヤラセや売名という言葉を盾にして、
むしろ、「クロちゃんがごときが美味しい思いをして許せない」
と思ってしまっているのです。

テラスハウスを見ていると、どうかヤラセでないことを祈るのに、
モンスターハウスは、逆で、やらせと聞いて安心したい自分がいます。笑

ヤラセかどうかも売名かどうかも分かりませんが、
これも番組の面白いところで、
実は、クロちゃんを侮っているだけで、
クロちゃんって盗撮もするし、嘘もつくし、口も臭いけれど、
男前で、純粋で、魅力的な男なのかもしれません。

最後に

このブログは出版就活志望の方にブログを書いておりますが、
このようなツイッターで話題のエンタメコンテンツは、
絶対押さえておいて欲しいです。

それに、モンスターハウスは、要素を分解していくと、
今までにないバラエティ体験がたくさんあり、
時間を掛けた咀嚼が必要となる、素晴らしいコンテンツだと思います。

モンスターハウスを通して、
クロちゃんの心にいるモンスター、
視聴者の心にいるモンスター、
出演者の心にいるモンスター、
そして、制作サイドに潜むモンスターと、
クロちゃんを軸に、様々な人間の奥底が見えてきます。

クロちゃんは、嫉妬、性欲、見栄、虚栄心といった
リアルな感情に忠実であると同時に、
視聴者には、怒りや恐怖、好奇心といった、
視聴者のリアルを引き出せる人物なのだと思います。

そして、テラスハウスとモンスターハウスの違いがもう一個

テラスハウスでは、冒頭にYOUさんが、
「用意したのは、素敵なお家と素敵な車。台本は一切ございません」
毎週おっしゃっています。

けれども、水曜日のダウンタウンでは言っておりません。

最後に落とし穴が待ち受け、
壮大な台本による、ドッキリだったら、テンションが上がりますね。

【出版太郎の選書】


悪意とこだわりの演出術

→サラリーマンとしてものを作りたいと考える人にとっての、
名著だと思います。


クイック・ジャパン134

→クロちゃんが目隠しをされながら、インタビューを受けていました。笑


【初回限定特別版】DVD『水曜日のダウンタウン10』+目隠しクロちゃんソフビBOXセット

→そもそもクロちゃんシリーズが分からない人は是非!!

【関連記事】

全日本パリピ選手権がこんなにも熱く、面白い4つの理由!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA