【21卒】日活一次面接/二次面接/最終面接選考レポート

こんにちは。
出版太郎です。

本日は、日活さんの選考レポートになります。
最終面接までたどり着いた強者の方です。

この度は、ご提供いただき本当に感謝しております。

下記となりますので、ご参考になりますと幸いです。

一次面接

・形式
ー1対1(人事担当者)
ー30分〜40分
ーオンライン

・聞かれたこと
ーESについて満遍なく
ー希望部署と違ったら
ー逆質問10分ぐらい

・空気感
ーフランク

・その他注意点
ーテンポが早いので、レスポンスを早くするのを意識した

二次面接

・形式
ー1対2(人事担当者と人事部長)
ー45分〜60分
ーオンライン

・聞かれたこと
ー志望動機
ーやりたいこと
ー志望部署以外でやりたいこと
ー企画案はあるか
ー映画以外で好きなエンタメ
ー選考状況
ー他の映画会社のイメージとその中でなぜ日活か
ー逆質問15分ぐらい

・空気感
ー一次面接よりは少し厳しめ

・その他注意点
ー面接官の反応が薄かったので落ちたと思ったが、通っていたので気にしなくていい?

最終面接

・形式
ー1対3(社長、映像本部長、人事部長)
ー40分ぐらい
ー対面
ーその後人事との面談が15分ほど(他社の選考状況と逆質問)

・聞かれたこと
ー志望動機
ーやりたいこと
ー志望部署以外で興味あること
ー体力はあるか
ー映画業界の課題
ーコロナ禍における課題と解決策
ー他の映画会社の特徴
ー映画制作のデジタル化に関して
ー逆質問

・空気感
ー最初は緊張するが、話しやすい雰囲気を作ってくれる
ー社長は強面だが優しい

・その他注意点
ーどれだけ映画に対する熱い思いがあるかが見られている
ー体力と映画業界に対する問題意識を持っているかも
ー映画のDXについてかなり聞かれて、ITリテラシーの高い学生が欲しそうだった

最後に

いかがでしたでしょうか。

選考のために多くのヒントが詰まっていると思います。

この度はご提供いただき大変ありがとうございました。
少しでも参考になりますと幸いです。

【出版太郎の選書】

選考前に必ず振り返ると良いと思います。

マスコミ就職読本2021 第3巻 放送・広告・エンタメ篇

企業研究に。

日活 昭和青春記 日本でもっとも長い歴史をもつ映画会社の興亡史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA