とにかく面接に落ちろ!今のうちに落ち慣れることが大事。





こんにちは。
出版太郎です。

本日は、面接で、落ちることの大切さについてです。

おそらく、皆さんの今の時期の就職活動の状況としては、内定を持っている人もいるし、数社受験をしている人もいるし、全く受験をしていない人もいるし、と一番開きが大きい時期だと思います。

確かに、それぞれのタイミングがあり、学業や、部活、サークルもあると思うので、仕方ないと思います。

ただ、先日の下記記事にも書きましたが、まだ、一社も受験をした事がないという人は、とりあえず練習で良いので、何かしらの企業は受験をした方が良いと思います。

集英社のESを出して一安心はマズイ!面接未経験者は危機感を!

理由ですが、上記にも書いておりますが、やはり、面接慣れというのは大切だと思います。

…と前置きが長くなりましたが、今回は、面接慣れの次のステップである落ち慣れを推奨したく、数社受験をしている人に向けて記事を書きたいと思います。

数社受験をしている人は、この時期は、いくつかの会社を受験してみて、手探りな状況だと思います。

もちろん、それは正しくて、初めての面接ということもあり、何が刺さるのか、何が刺さらないのか、を模索するべきだと思います。

また、緊張で上がってしまう人や、自分のエピソードをスムーズに話せない人もいると思います。

そのような人は、面接の経験を積み重ねて、面接の場に慣れることが大切です。

ただ、その一方で、初めての面接に必ずついてくるものが、初めてのお祈りメールです。

お祈りメールは中々の天敵で、メンタルを削られます。

最初の頃は、何度も読み返し、不意に、お祈りから通過に変わったりしないかなと思ったりしていました。笑

そんなことは、一度もありませんでしたが….

…とそんな苦しく、メンタルを持ってかれる面接ですが、メンタルを持ってかれすぎるのは、この長い就職活動において良くありません。

ある程度受験数が増えてくると、就活は縁が大切で落ちるのは仕方ないと思えるのですが、最初の時期はとにかくへこみます。

もちろん、なぜ、落ちたのかを分析するのは大切なことなのですが、落ち込みすぎる必要はありません。

なぜなら、落ちるのは当たり前のことだからです。

OBの方々も基本的には30社とかを受けてようやく1社内定という人が多いです。

むしろ、最大の恐怖は、一社の落選で失敗を引きずって、他社の受験に影響が出てしまうということです。

実際に、そのような人を何度も見てきました。

そのため、この時期は、大変だと思いますが、とにかく、落ち慣れることを意識してください。

相性が良くない企業は、基本的に落ちてしまうため、「まあ、しょうがないかな」と思って欲しいです。

そして、自分を落とした企業って、センスないな〜くらいに思えば良いと思います。

そうすれば、これから、長い就職活動をしていく中で、1日に面接が3回ある日が、4日続くといったこともあり、そのような時に落ち慣れることで、心を乱さず、全ての面接に心を落ち着かせて臨ことができます。

例え、落ちたとしても、落ちた後の別の面接でしっかりとパフォーマンスを出すことが大切です。

もちろん、落ちた後の原因の分析も大切ですが。

本記事を通して、落ちることを少しでも肯定でき、皆さんの肩の力が抜けて、健全に就職活動を継続できると幸いです。

【最後に】

いかがでしたでしょうか。

今回は、落ち慣れについて記事を書きました。

就活においては、落ちることも大切な経験となります。

特に第一志望の企業を受験する前に、いくつか落ちておいた方が良いと思います。

少しでも参考になりますと幸いです。

【出版太郎の選書】

ドラゴン桜の方が書いた漫画で、就活の流れが分かります。
また、落ちること、受け続けることを肯定してくれる漫画なので、このタイミングで読んでみて下さい。

銀のアンカー 全8巻完結セット (ジャンプコミックスデラックス)

【関連記事】

就活は何から始めればいいの!?大切なことは全て銀のアンカーに書いてある

自己PRは、30秒、60秒、90秒を用意しよう





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA