テレビ東京のドラマ枠『ドラマBiz』が面白すぎる件について





こんにちは。
出版太郎です。

本日は、テレビ東京のドラマ枠、
『ドラマBiz』が面白すぎる件について、
記事を書かせていただきます。

まず、テレビ業界を受験する人に、
テレビを見る上で、注意をして欲しいのが、
何時に何が放送されているのかを、
確認する必要があるということです。

下記記事を参考にしてください。

テレビ業界志望必見:番組表の見方について

そして、今回は、
視聴率もめちゃくちゃ高くなく、
それほど、ツイッターでも話題ではなく、
けれども、どう考えても面白い、
テレビ東京のドラマ枠、
『ドラマBiz』について取り上げてみたいと思います。

テレビ東京のドラマ枠『ドラマBiz』とは、
今年の4月から、突如として始まり、
毎週月曜日の22:00開始の連続ドラマです。

過去には、江口洋介が主演の『ヘッドハンター』、
仲村トオルが主演の『ラストチャンス』が放送され、
今回は、唐沢寿明主演で、『ハラスメントゲーム』が、
放送されています。
※こちらも早くも面白いです

主演キャストの面々を見てもらっても分かりますが、
役者もいい人が多く、本当に面白いです。

下記、個人的に面白いポイントをピックアップしてみましたので、
参考にしてみていただけますと幸いです。

①とにかくリアルで、感情移入が半端なさすぎる!!

ドラマの内容が、とにかく、リアル過ぎるという
ところがあります。

例えば、『ヘッドハンター』では、
若手の転職市場だけでなく、
様々な経験を持つ、おじさんたちも
引き抜かれていきます。

様々な人が転職の可能性があるという前振りをした上で、
江口洋介さんのセリフの
「あなたの値段知りたくないですか?」
は、まさに働いている
自分の心に突き刺さるものがあります。

自分自身、働いていて、
一度身を置いてしまうと中々転職を考える余裕がありませんが、
ふと悩んだりした時に、
確かに、自分自身の価格については、
怖いもの見たさで聞いてみたいと思うものです。

また、『ラストチャンス』では、
今か今かと潰れそうな資金繰りに困る
会社を立て直そうというストーリーです。

必死に働いて、必死に働いて、
やっとうまくいったかと思ったら、
理解不能なやばい人がポカをやっちゃったりとか、
とにかく、リアルです。

ドラマの世界では、
・若手や、疲れている人による分かりやすいミス

・とにかくプロフェッショナルばりにカッコいい部分を見せる
といった分かりやすいものが描かれる傾向にあると思いますが、
実際の会社では、
本当にずるい人だったりとか、
本当になんの脈絡もなく、ミスをしてしまう人とか、
めちゃくちゃな人がたくさんいます。

ポンコツな会社員の描き方のリアリティが鮮明で、
人の尻拭いのために頑張る姿は、
自分が働いている会社と結びつくものもありますし、
なぜか自然と励まされます。

②月曜の夜に働く誰もが肯定されすぎる!!

サラリーマンにとって、
月曜日は、とにかく憂鬱です。

日曜日までは、お休みで楽園だったのに、
急激に自由が制限される職場に戻るため、
とにかく、冴えない1日になる傾向があります。

眠気に耐えながら、パッとしないメンタルを
どうにか奮え立たせながら、
働いていおります。

その中で、『ラストチャンス』も『ヘッドハンター』も、
『ハラスメントゲーム』も働いている
サラリーマンを肯定&応援してくれています。

大きな仕事だけでなく、
何気ない仕事を評価してくれています。

例えば、『ヘッドハンター』では、
引き抜きの際に、派手な仕事をして偉そうにしている人よりも、
人柄の良い営業や、実直な経理、黙々とした技術者を
ヘッドハンターによって実力が見抜かれていきます。

『ラストチャンス』では、
資金繰りが一つのテーマということもあり、
とにかく、人の尻拭いをしたり、
謝ってばかりのサラリーマンが格好良く
見えるドラマとなっております。

『ハラスメントゲーム』も始まったばかりですが、
緑のエプロンをした、
スーパーの店長の働きが、
町を支えているということを伝えています。

上記3作品のどれを見ても、
働いている自分を肯定してくれますし、
とても、元気が出ます

仕事ボケのある月曜日に、
今週も頑張ろうという息を
サラリーマンに吹き込んでいるのです。

③とにかくキャストの使い方が上手い!!

とにかくキャストがイカしています。

例えば、
『ヘッドハンター』キャスト
江口洋介
小池栄子
杉本哲太
徳永えり
岡田龍太郎

『ラストチャンス』キャスト
仲村トオル
椎名桔平
和田正人
勝村政信
大谷亮平
長谷川京子

『ハラスメントゲーム』キャスト
唐沢寿明
広瀬アリス
古川雄輝
小倉一郎
市川由衣
佐戸井けん太

と、大物キャストを主演に立てつつ、
端には、味のあるキャストを立てています。

例えば、唐沢寿明というビッグネームを立てつつ、
昔懐かしの市川由衣をサブに立てたり、
とにかくアサインの緩急が上手いです。

この配役は、本当にドラマの好きな人が、
作っているんだろうなという印象です。

最後に

最後になりましたが、
今回は、テレビ東京のドラマ枠、
『ドラマBiz』について、取り上げてみました。

個人的な読みですが、
これから、少しずつ、ファンがつき、
話題になっていく気がするので、
注目してみてほしいです。

また、テレビ志望の人は、
枠という概念について、考えて欲しく、
就活生全般のみなさんは、
リアリティのあるお仕事番組を見て、
働くイメージを持ってみてください。

【出版太郎の選書】
テレビ東京志望の人は、
是非、読んでください。


テレ東のつくり方 日経プレミアシリーズ


「兆し」をとらえる 報道プロデューサーの先読み力 (角川新書)


池上無双 テレビ東京報道の「下剋上」 (角川新書)


テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書)


Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA