出版社って激務なの!?働き方改革について

こんにちは。
出版太郎です。

出版社の労働時間について、話したいと思います。

OB訪問でめちゃくちゃ聞かれることの一つが、
「どのくらい忙しいですか?」
です。

確かに、私自身も学生時代は、
死ぬ程忙しかったら、どうしようと思いながら、
とはいえ、本を作ったら楽しそうという
不安と好奇心の狭間で就活をしていました。

最近は、働き方改革という言葉が叫ばれ、
世間を騒がしているフレーズの一つだと思います。

会社で健康に働くためには?――電通が全国1万人調査
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1809/13/news028.html

働き方改革法案、企業の懸念は「時間外労働の上限規制」「年次有給取得の義務化」 「同一労働同一賃金の義務化」https://netshop.impress.co.jp/node/5810

マスコミ業界の働きやすい企業、1位は?
https://news.mynavi.jp/article/20180903-687953/

上記のように色々ありますが、
正直な話として、ニュースで見る働き方改革については、
あまり共感ができないのが本音です。

あくまでも個人的な見解ですが、
働き方改革を報道する新聞社やテレビ局の人たちは、
どうせ200時間くらい残業しているんでしょ!?
と捻くれた目で見ています。

とはいえ、テレビや、新聞、出版社の人とよく飲むのですが、
最近は、割と本当に残業ができないらしいです。

昔は、2徹、3徹当たり前の人も多かったらしいのですが、
働き方改革の影響で、早く帰されることもあるとのことです。

もちろん、企業、職種によりますが…

出版の友達で考えると、
やはり、週刊誌は忙しく、
その次に月刊誌や、広告営業といったイメージです。

週刊誌の人は、よく2徹をしたという話を聞き、
広告営業の人は、合コンの後に、会社に戻って、
企画書を作るといったことを聞きます。

また、編集の人は、忙しいように見えて、
実は、校了前だけ忙しいという人もいます。

校了前だけ2徹して、校了が終わると、
有給で海外旅行に行っちゃうような人もいました。

もちろん、企業によって、
一つの部署にどれだけの人員を割くかにもよりますが…
概ね上記の感覚で各社合ってると思います。

ただ、出版社によっては、働き方改革と叫ばれても、
全く変わらないという企業も多くあるというのは
認識が必要です。

そのため、やはり、OB訪問でのリサーチが大事になると思います。

実態については、説明会では絶対聞けないので、
OB訪問で聞いてみることをおすすめします。

また、出版社の労働としては、
上記のように多少は忙しく、
さらに面接官になる昭和の人たちは、
とんでもない激務を乗り越えてきました。

そのため、出版社の面接では、
「体力に自信があるの?」という
質問をよくされます。

僕自身は、学生時代に頑張った映像制作の話をして、
「2徹余裕です」と返してました。

本当は、絶対にしたくないですが!!

体力がない人であっても、
体力があるエピソードは用意をしておく必要があるでしょう。

やや、脱線もしましたが、
出版社は、激務かどうかは、
企業により、また、部署によるところが大きいです。

パラパラと書いてまいりましたが、
こちらの記事を参考にしてもらいつつ
OB訪問で引き出しいくといいのかなと思います。

【出版太郎の選書】

こちらは本当におすすめの本です

君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会 (光文社新書)


エディター! 編集ガールの取材手帖 (富士見L文庫)

↓↓読み放題サービスはトレンドということもあり、
使用感を語れるようにしておくと良いと思います。↓↓



初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題
まずは無料でお試し【ブック放題】

↓↓一つのサービスで複数企業の研究ができるので、おすすめです。↓↓



雑誌読み放題!月額380円で200誌以上が読み放題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA