私服面接:通過例と考え方!





こんにちは。
出版太郎です。

本日は、私服面接について取り上げます。

エントリーシートが通過し、
その後、筆記を通過し、
次にやってくるのが面接です。

その面接で、時折困るのが、
注意書きで書かれた、
「あなたらしい服装で来てください」というものです。

中々難しいもので、本当に自分らしく、
Tシャツ短パンでいくとかなりの確率でやばいやつに認定されます。
(※もちろん、逆に面白いという謎の高評価を得る場合もありますが)

また、細身の黒のズボンに、白シャツにブルーのカーディガンなんて着てくると、
無難でつまらないやつだと思われます。
(※普通にこちらで内定することもございますが)

実際に、ブルーのカーディガンを着た人が多く、
控え室でかぶるので、恥ずかしかったりします。

確かに、ブルーのカーディガンについては、
清潔感もあり、おそらくこちらを着て内定している人も多いと思うので、
ありだとは思うのですが、癖の強い人間が集まる、
出版社としては、やや物足りないところです。

また、ファッション誌のある会社の場合には、
割とマストで私服面接を求められますが、
ファッション誌のない会社でも
私服での面接が求められる場合がございます。

私服なんてどうでもいいじゃんという
意見も分かりますが、
過去に、面接官をしたことがある人に話を聞いたときは、
ナップザックの時点で、かなり、評価を落としたという話を聞き、
油断はできないという印象です。

私服面接では、おしゃれかどうかだけでなく、
その人の人間性も感じ取れることができるということです。

そのため、中々答えはなく、出版社のカラーに合わせつつ、
自分らしいものを着るのがベターだと言えます。

そのため、無策なのもあまりおすすめしません。

また、ファッション誌があるので納得ですが、
光文社の面接は、私服での参加が必須であり、
挨拶と合わせて、あなたの私服のポイントはなんて聞かれたりします。

自己紹介では、印象を残さなくてはいけないとしつつ、
無難な服しか着ていなかったら、
やや劣勢です。

これは、あくまでも、僕の就活生時代の対策方法ではあるので、
参考までにとなりますが、、
僕は、いつも、ヴィ・ヴィ・アンウエストウッドの
派手な靴下をちょい見せしていました。

その他は、青いカーディガンにシャツです。

そのため、一旦、無難な就活生に見せつつ、
「あなたの私服のポイントは?」と聞かれたら、
こんな質問予想外だという顔をして、30秒位、間をあけたのち、
足元からちょいと顔を出す、ヴィ・ヴィ・アンウエストウッドの
靴下を指差して、
「ワンポイント違う男です」と切り返していました。

この切り返しが正解だとは思いませんが、
概ね反応も良かったと思います。

面接官は唸っていました。笑

自分らしさが大事のため、
中々、正解がなく難しいものではございますが、
私自身は、ほとんど全ての私服面接を
ヴィ・ヴィ・アンウエストウッドで乗り切っていきました。

また、機会のある時に、
私服面接について、まとめてみますが、
皆さんなりの私服面接の対策方法を
考えてみてください。



【出版太郎の選書】


無敵の面接 2020年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)

【関連記事】

ZOZOスーツを着て就活を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA