マスコミ就活生は、カメラを止めるな!を見よう

こんにちは。
出版太郎です。

本日は、SNSで人気急上昇中の
カメラを止めるな!についてです。

マスコミ就活生の皆さんは、もうすでに見られたでしょうか。

結論から言うと、2020年の就活生は、絶対に見なくてはいけない作品だと考えています。


今まで成功していたプロモーションとは全く違う形での
成功がある場合は、それぞれの就活生なりのヒットの理由というのを
持っておいた方が良いでしょう。

カメラを止めるな!は、もともとは、
300万円の低予算映画の作品で、
SNSで人気を集め150館程になっております。

最近では、テレビでも取り上げられ一大ヒットとなっております。

この世界の片隅に同様、SNSが生んだヒット作品です。

面接官からすると、SNSなんて、ほとんど使ったことなく、
あってもラーメンしかアップした事がない人ばかりです。
※やや極論ですが…

また、面接として、デジタルネイティブの意見を求める傾向にあるため、

(≒若者の意見を貪欲に求めているため)
このような作品は自分をアピールするのに、
うってつけの作品なのです。

そのため、基本的には、自分で考えて独創的なものを用意して欲しいのですが、
このような作品を考える場合には、
下記がポイントとなるかなと思いますので、
参考までに。

①現象の分析
・SNSで、なぜ流行したのか

②作品の分析
・作品そのものは、面白かったのか
また、どこがおもしろかったのか
・監督については、どうか
・役者については、どうか

③自分と作品
・この作品と出会って、自分はどのように変わったのか
>このような努力をするようになった
>ロケ地巡りした
>監督にアポなしで取材してみた
・分析抜きにして自分の感情はどうなったか

④その他
・今回の盗作疑惑について

上記はあくまでも、一例で、
自分なりの意見があればあるほどいいので、
是非、劇場に行って、自分の考察を深めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA