年越しは海外で!悪の巣窟宿・重慶大厦からの香港カウントダウンイベント!




こんにちは。
出版太郎です。

本日は、就活が終わった人、もしくは、就活前でまだ時間に余裕がある人に向けて記事を書きたいと思います。

僕自身、社会人になって感じるのが、自分の時間を持てている大学生の時って本当に貴重だったんだなということです。

その中で、もっと、こうしておけば良かったと思うのが、海外のエンタメに触れておけば良かったということです。

今回は、タイトルにある通り、香港での年越しを取り上げたいと思います。

本当は、NYや、もっと、別の大都市の年越しを推奨したいのですが、僕自身、経験したことがなく…(いつかは、NYで年を越すという野望はございます)僕自身の経験した中でのおすすめとなります。

とはいえ、年越しは意外と金額も張るので、その観点で比較をすると、香港は、近場で飛行機の金額もそれほど高くなく、宿も工夫次第でどうにかなるので(下記で、とある宿を推奨します…)、参考にしていただけますと幸いです。

学生必見!香港の安宿・重慶大厦(チョンキンマンション)!

4泊5日という香港の生活の下支えをしてくれたのが、悪の巣窟と呼ばれる重慶大厦(チョンキンマンション)です。

ブログで検索する限り、汚い、怖いのビルでした…が行ってみると夜はやっぱり怖かったです。笑

エレベーターも恐ろしく狭く、外国人の方とギュウギュウになり、緊張感があります。

ただ、部屋を見てみると、何回かバックパッカーをしたことがある僕としては、意外と部屋は綺麗だったなとも思いました。

僕の肌感としては、他のブロガーの方は、悪の巣窟といったタイトルで少し煽り過ぎてしまっているのではないのかなとも思いました。普通に良いホテルな気がします。
※とはいえ、基本的には普通に汚部屋で、治安も良くないです。あくまでも、他国の汚部屋と比較して良かったなという印象です。

最高にブチ上がる香港カウントダウンイベント!

結論から言うと最高にぶち上がります。

下記動画はいかがでしょうか。めちゃくちゃすごくないですか!?

年に一回しかない年越しの日にぶち上がることができるので最高です。

色々調べていると様々なブロガーの方が、少し離れた無料で見られるホテルの屋上からの観覧を推奨しています。

実際に、日本ではこの裏スポットは、広まっているらしく、日本人の観光客が多いとのことです。

ただ、個人的には、最前列で最高にブチ上がりたいと思い、普通に、7時間前から、一番良いところで並びました。

デメリットとしては、一応トイレはあるのですが、一度、後ろのトイレに行くと中々戻ってこれません。

そのため、めちゃくちゃ、自分との戦いになります。

けれども、7時間をひたすら耐え抜くことができると、ワールドワイドの年越しの瞬間を最前列で出くわすことができます。

少し離れたホテルから優雅に見るのも楽しいと思いますが、自分と格闘しながらも最前列を獲得する観覧も、ご参考にしていただけますと嬉しいです。

その後は、最高にカオスなランカイフォン(蘭桂坊)!

やっぱり、年越しをした後もブチ上がりたいですよね。

その方におすすめなのが、眠らない街ランカイフォン(蘭桂坊)です。

音楽は爆上げ、路上は、割れた瓶だらけ、酔った人は踊りまくり、規制の厳しい日本では味わえない街の雰囲気なのでオススメです。

イメージとしては、渋谷のハロウィンより、もっと、街の規制を緩くしたイメージです。そして、渋谷のような人混みはないです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、香港の年越しについてです。

他には、マカオで、カジノをやったり、香港ディズニーランドに行ったりできます。

また、全く関係ないですが、香港のトイレはなぜか、めっちゃ臭くて、スタバのトイレとかでも出てくるとめっちゃトイレの匂いを全身に纏います。

ちょっとお安く海外で年越しをしたいという人に参考にしていただけますと幸いです。

【出版太郎の選書】


香港 地元で愛される名物食堂 ローカル過ぎて地球の歩き方に載せられなかった地域密着の繁盛店


D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020


大好きに会いに行こう! 世界のお祭り(フェス)&イベントガイド




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA