初有馬記念で、10万人が熱狂するエンタメを体感しよう!





こんにちは。
出版太郎です。

本日は、一年の競馬を締めくくる、
有馬記念について書きたいと思います。

ちょいちょい書いてきましたが、
個人的に競馬が好きということもあり、
是非行って欲しいイベントです。

例年、クリスマスイヴや、
クリスマスに実施されることが多く、
中々行けないことも多いのですが、
今年は、12月23日(日)ということで、
絶好の競馬日和です。

また、先日、今年の特別登録馬が、
発表されましたが、
錚々たるメンバーです。

オジュウチョウサン 57.0
キセキ      57.0
クリンチャー 57.0
サウンズオブアース 57.0
サクラアンプルール 57.0
サトノダイヤモンド 57.0
シュヴァルグラン 57.0
スマートレイアー 55.0
ハッピーグリン 55.0
パフォーマプロミス 57.0
ブラストワンピース 55.0
プラチナムバレット 57.0
ベイビーステップ 57.0
マカヒキ 57.0
ミッキースワロー 57.0
ミッキーロケット 57.0
モズカッチャン 55.0
リッジマン 57.0
レイデオロ 57.0

個人的には、ブラストワンピースに、
期待をしています。

…とついつい予想ブログを展開していきそうになりましたが、
ブログを本題に戻し、今回は、なぜ、有馬記念を就活生に進めるのかについて
書きたいと思います。

来場者は、約10万人!

スポーツの世界でも、
10万人の観客がリアルに集まる大会って、
頭にパッと浮かびますか?

日本では、超人気のスポーツ、
野球や、サッカーでも難しいと思います。

しかも、競馬は、有馬記念だけを楽しみに来る人も多く、
たった、2分30秒のレースの中に、
喜怒哀楽が詰まっています。

10万人もの人間が、一つのレースを囲み、
たった、2分30秒に、強力な声援を送るって、
凄くないですか。

現場の熱量がとてつもなく、
このエンタテインメントを肌で感じて欲しいです。

公営ギャンブルとは思えないくらい華やか!

競馬というと、歯のないおじさんと、カップ酒というイメージがあるかと思います。

確かに、その通りで、馬券場には、そのような人もたくさんいます。

けれども、そういったイメージを払拭するべく、
超人気キャストをアサインしたCMを展開したり、
様々なイベントを実施します。

今年の有馬記念では、
TRFがライブに来たり、有馬戦士ガンダムといった
プロモーションキャンペーンを行っています。

おそらく、授賞式には、特別ゲストの
有名人が発表されるかと思います。
※昨年は、ドジャースの前田健太郎さんでした。

また、実際に競馬場に行ってみると、
結構綺麗に清掃をされていて、
カップルも多いです。

JRAは、様々な努力をしているので、
広告の課題解決という視点から、
競馬のイメージをどのように伝えようとしているのか、
考えると結構面白いです。

女性はギャップを作れる!

マスコミらしさというところで、
求められるのが、図太さだったり、
根性だったり、汚れて大丈夫だったり、
庶民的なものが楽しめたりというものがあるかと思います。

その中で、女性がマスコミ就活としてぶつかる壁として、
本当は、根性があるのに、
真面目な女性っぽい子と思われることがあります。

そのような時に、男友達とビールを読みながら、
有馬記念に行くといった経験を語れれば、
図太そうなイメージを作ることが可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

マスコミ塾では、実際に、有馬記念を
みんなで見に行くというところもあるそうです。

直接のネタ作りにはならないかもしれませんが、
エンタメを知るという部分で、
貴重な経験かと思います。

個人的に、強く競馬が好きで…笑
というのもあるのですが、
僕自身も出版社の友達と競馬に行ったりもしています。

この記事をきっかけに、皆さんが、少しでも競馬に興味を持ってくれたら嬉しいです。

そして、いつか、皆さんと競馬談義ができたら、
テンションが上がります!!

【出版太郎の選書】

競馬を始めるには、こちらの本は、かなりおすすめです。

勝ち馬がわかる競馬の教科書




今なら、無料登録で【馬王Z】自動運転攻略法を提供!!
競馬予想なら!競馬最強の法則WEB




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA