朝日新聞出版一次面接レポート!





こんにちは。
出版太郎です。

本日は、朝日新聞出版の一次面接について
書きたいと思います。

最新の情報は、OB訪問で、情報収集して下さい。
※ちなみにですが、僕もビズリーチキャンパスを使っているので、もし良かったら、申請をしてみてください。



「OB/OG訪問サイト」ビズリーチ・キャンパス

名前として聞き馴染みがあるかと思いますが、
それもそのはず、朝日新聞出版は朝日新聞の完全子会社です。

そのため、朝日新聞から、朝日新聞出版に、
朝日新聞出版から朝日新聞への出向を
よく耳にします。

また、余談ですが、朝日新聞出版と朝日出版は、
全くの別物のため、ご注意下さい。

過去には、下記のような事件もございました。

参考記事:橋下市長「誤爆」朝日新聞出版と朝日出版―抗議電話・メール殺到

https://www.j-cast.com/tv/2012/10/25151328.html

また、朝日新聞出版の有名どころのブランドですと、
アエラ、週刊朝日、朝日新書などが、あると思います。

アエラを見ていただくと分かるのですが、
記事の署名欄に朝日新聞の記者の名前があります。

よく言えば、全国の取材網による、取材ネットワークの連携、
悪く言えば、自社コンテンツだけで、賄えないので、
経費削減としての施策といったことかと思います。

また、オフィスも朝日新聞と一緒のビルのため、
とにかく豪華です。

もちろん、食堂は、完備で、中にはローソンもございます。

どうしても、社会的に影響力が大きい分、
デモ隊がオフィスの前にいることもありますが、
概ねオフィス環境は、恵まれているかと思います。

朝日新聞出版一次面接

面接官2人
※記者(女性)と営業(男性)
受験者1人
時間:10分程度

まず、始めに、自己PRについて聞かれました。

一次面接の時は、少し尖っていて飽きないエピソードを
意識的に選ぶようにしていて、
行動力をアピールした内容を話しました。

面接官の営業の方の食いつきが良く、掘り下げてくれました。

エピソード的にも、男性ウケが良いものだったかもしれません。

その後は、志望動機について聞かれ、僕自身は、アエラを志望していたので、
学生時代の経験を元に語りました。

「アエラの社会的意義」や、「最近面白かった記事」、
「これから、アエラはどうすればいいのか」、など
アエラについて幅広く質問をされました。

その後は、「アエラ以外だと何をやりたい?」と聞かれ、
朝日新書と伝えました。

「最近、朝日新書で何が面白かったのか?」という話になり、
出生前診断という本を取り上げ、
しっかりと取材がされていることを伝え、
朝日新聞グループだからこそ、作れる本だという話をしました。


出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来 (朝日新書)

その後は、面接官の営業の方から、好きな書店について聞かれ、
もうすでに、潰れてしまいましたが、神保町にあるChez moiについて
話しました。

女性向けの本が中心なのですが、
まるで、女性誌をリアル店舗にしたような、
選書のセンスで、個人的に好きだという話をしました。

その後は、他の本屋について、聞かれました。

少し、用意をしていた感じが良くなかったかもしれません。

僕自身は、正直にアマゾンが断トツで好きという話をしました。

書籍の購入だけでなく、様々なサービスを使っていたので、
その話をしましたが、
営業の方は、リアル書店があっての仕事なので、
反応はあまり良くありませんでした。

その後は、逆質問の時間が設けられ、
アエラについてのことをいくつか聞きました。

全体として、新聞社の完全子会社ということもあり、
真面目な人が多い印象でした。

記者っぽい人という感じです。

その分、真面目に話は聞いてくれましたので、
少し硬めの出版社で働きたいという人は、良いかもしれません。

<ポイント>
・雑誌志望の人は、面白かった直近の記事は、3つ程度用意
・好きな書店など、志望部署以外の人との面接のネタもしっかり用意

最後に

いかがでしたでしょうか。

朝日新聞出版は、新聞社のイメージが強いですが、
その分、アエラなど、オピニオン誌として
面白い雑誌もございます。

また、社員の傾向としても、
全体として、新聞社っぽい人が多い印象です。

そのため、出版社は、柔らかすぎだけど、
新聞社は硬すぎるといった人にも、
向いているかもしれません。

あくまでも、過去の面接のため、
なんとなくの現場のライブ感を感じていただけたらと思いますが、
是非、参考にしていただけますと幸いです。

【出版太郎の選書】

こちらの本は、過去の筆記、面接情報について、
体験談ベースでしっかりと取材されています。

マスコミ就職読本2020 第2巻 新聞・出版篇

受験する企業のベストセラーの本は、
読んでおいた方が良いと思います。

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

読み放題サービスはトレンドということもあり、
使用感を語れるようにしておくと良いと思います。



初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題
まずは無料でお試し【ブック放題】

一つのサービスで複数企業の研究ができるので、
おすすめです。



雑誌読み放題!月額380円で200誌以上が読み放題



朝日新聞出版一次面接レポート!” に対して1件のコメントがあります。

  1. はる より:

    初めまして!出版社志望で就活をしている大学四年生です。大手は三次でほぼ落ちてしまいました。
    今度ここの2次面接があるのですが、もしよろしければ2次がどんな感じかを教えて頂けないでしょうか?

    1. shuppansyukatsu2020 より:

      コメントありがとうございます!!
      ….が、僕自身が、朝日新聞出版を一次面接で落ちているため、お力になれず、恐縮です。
      OB訪問で見つけていただけますと幸いです。
      ちなみにですが、朝日新聞出版の人とよく飲むのですが、面白い人が多くていい会社だと思います。
      頑張ってください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA