出版社がレストラン!?KADOKAWAの新しい取り組み「INUA」



こんにちは。
出版太郎です。

本日は、出版社の面接の時に知っておくと良いニュースを
取り上げたいと思います。

今回は、めちゃくちゃ面白いニュースがありました。
こちらです。
↓↓↓↓

角川歴彦・KADOKAWA会長 独創性あふれる料理目指す 初のレストラン業界に進出https://mainichi.jp/articles/20180607/dde/014/020/004000c

デジタルや、グローバルで、新しい仕掛けをしている
KADOKAWAさんですが、ついに、レストラン事業を始めました。

KADOKAWAさんの業界の立ち位置としては、
アニメやライトノベルが強く、
オタクの人が多いという印象ですが、
その一方で、次から次へと新しいことを仕掛ける、
なんでも屋のイメージです。

そのため、ビジネス面では、他の出版社さんの2手も、3手も
先をいっているなという印象です。

実際に聞いた話では、最終面接で、
社長が唯一全員に聞いた質問が、
グローバルとデジタルについてだったとのことです。

そのため、KADOKAWAさんの面接では、
新しいビジネスアイディアなど、
他社とは違った、ビジネスマインドを問う質問も多いです。

こちらのニュースを見た時に、
KADOKAWAさんってイケてるなと思いました。

ただ、もし、今後自分が新卒として入社し、
レストランの部署に配属されたら、
それは複雑かなというのが正直な気持ちです…笑

上記のニュースは一例ですが、
出版社として、本や漫画を作るだけでなく、
本や漫画を使って、どのようなビジネスを作るのが良いか、
今のうちから、考えてみると良いのではないでしょうか。

【出版太郎の選書】

志望している会社の会長の本は、
絶対に読むべきです。


躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア


クラウド時代と<クール革命> (角川oneテーマ21)

志望している会社の人気コンテンツも
読んでいない人は、読んでおくことをおすすめします。

小説 君の名は。 (角川文庫)

KADOKAWAとドコモで運営していて、
プラットフォームビジネスに力を入れているため、
必ず、目は通しておいた方が良いと思います。
キャンペーン
dアニメストア

読み放題サービスはトレンドですので、
使用感を語れるようにしておくと良いと思います。



初月無料!スマホ・PCで雑誌、マンガ読み放題
まずは無料でお試し【ブック放題】

一つのアプリで複数企業の研究ができるので、
おすすめです。



雑誌読み放題!月額380円で200誌以上が読み放題

【関連記事】

KADOKAWA研究:dアニメで挑戦するプラットフォームビジネス!

KADOKAWA 面接対策(2次面接)

KADOKAWA面接対策(3次プレゼン)

KADOKAWA インターン対策(基本情報おさらい)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA