面接は間が大事

こんにちは。
出版太郎です。

今回は、面接で大切な「間」について話したいと思います。
「間」というと、時間的な小さな余白のことを出しますが、
就活生の面接は本当に「間」がないのです。

例えば、志望動機を聞かれると、ほとんどの学生が
あまりの早口で何を言っているかわかりません。

きっと、考えていたことを全部言うことに集中をしていて、
また、緊張もしていて、早口になってしまっているのです。

実際に、1分間で話して、といっても、
30秒程度で終わってしまう人もいます。

そのような学生が多い中で、「間」を取り入れつつ、
しっかり話せたら、しっかりしているように見えますよね。

また、話も聞きやすいので、面接官も話を聞いた上で、質問をすることができます。

なので、「間」を取り入れた面接をしましょう。

その中でおすすめなのが、自分の面接している姿を実際にスマホで動画で撮影することです。

いかに、息継ぎなく、早口で話してしまっているかがわかると思います。

もちろん、話す内容のクオリティは大切ですが、話し方にも目を向けてみると、面接強者になれるかもしれません。

参考にしてみてください〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA