【21卒】小学館一次面接/二次面接/三次面接/四次面接/最終面接選考レポート!

こんにちは。
出版太郎です。

本日は、小学館さんの選考レポートです。

なんと、なんと….最終面接まで進まれた方のものになります。

大変大変ありがとうございます!!

下記、とても貴重な情報が満載なので、是非、参考にしてください。

一次面接

志望動機と小学館でやりたいこと

二次面接

1.志望動機と自己PR
2.いま、志望雑誌で新しい人をアサインするなら誰?
3.その他志望雑誌や、志望ジャンル
4.志望雑誌でやりたい企画

【所感】
志望部署に関して結構掘り下げた質問がかかってきました。集英社のように企画が次から次へと求められるというよりは、志望ジャンル全体への洞察力みたいなものを見られていた気がします。

三次面接

時間:10分
人数:面3:学1(人事)

【聞かれたこと】
1.周りからよくどんな人と言われる?
2.今までの人生で辛かったことは?
3.編集者に1番大切なことってなんだと思う?

【所感】
ここでは人間性をみられる質問しかされなかったと記憶しています。自然体のまま話せば多分大丈夫です。

四次面接

時間:15分×2回
人数:面6:学1

【1回目:聞かれたこと】
1.自己PRと志望動機
2.ガクチカの深堀
3.志望部署以外には興味ないの?

【2回目:聞かれたこと】
1.志望動機
2.趣味の話
3.好きな小説について
4.自分の性格を自己分析するとどんな感じ?
5.自分の短所はなんだと思う?
6.志望雑誌のネット版と雑誌、それぞれの感想を教えて

【所感】
実質最終面接はこの4次面接だと思います。健康診断も一緒に行うのですが、それでも半分以上が落ちていたかと…。部屋ごとに、仕事に関係あるような質問をされる部屋(企画とか)と、人間性をみられる部屋に分かれていたように感じます。前者は少し緊張感があり、後者は和やかでした。

最終面接

時間:30分(グループ面接)
人数:面3:学4

【聞かれたこと】
1.志望動機
2.学生時代にやってきたこと
3.雑談(趣味の話など)

最後は社長、副社長、専務とのグループ面接。とても和やかな雰囲気で、難しい質問はとんでこないので、いままでどおり話しました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

とても貴重な情報だったと思います。

そのほかに、選考情報を知りたい人は、OB訪問をしたり、マスコミ就職読本を読むと良いと思います。


マスコミ就職読本2021 第2巻 新聞・出版篇

大変大変参考なると思います。ご提供いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA