『悪企のすゝめ』を読んで天職について考えよう

こんにちは。
出版太郎です。

本日は、『悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術』を紹介します。

本書は、水曜日のダウンタウンプロデューサーの藤井健太郎さんとBiSHプロデューサーの渡辺淳之介さんの対談本です。

書籍の中身としては、自粛が求められる時代においてどのようにして自分の好きなことを貫いているか、それが一貫して書かれています。

社会をやりこなす仕事術だけでなく、お二人の就活時代や若手時代のこともあり、
自分に本当に合う仕事はなにか考えることができます。

特にエンタメ業界、マスコミ業界について興味があるけど、その一方で忙しそうだし、大変そうだし悩んでいる、という方におすすめです。

また、シンプルに、作品の裏側を知りたいエンタメ好きの人にもおすすめの一冊です。

・好きなことをやりたい
・好きなことを仕事にしたい
・漠然としたやりたいことはあるけど、なんどなく言語化できなくてもやもやしていて悩んでいる
という方々にぜひ、いちど読んでみていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA